赤い頭皮になっているのは、

皮脂によって炎症を起こしている可能性があります。

頭皮の炎症は、主に2つの原因があると言われています。

皮脂の過剰な分泌と頭皮の乾燥です。

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、原因は、おおよそストレス、睡眠不足、偏った食生活などがが考えられます。

過剰な皮脂は頭皮の炎症を引き起こします。

もっとも皮脂は完全な悪者ではないです。

皮脂が頭皮に適量あると紫外線や乾燥から影響されないようにする役目があります。

問題なのは過剰にあることで、それを放置すると酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激する原因というわけです。

頭皮が乾燥していると紫外線の影響を受けやすくなります。

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤や間違った洗髪のやり方によって、その量が満たせないほど取り除いてしまったときは、頭皮が皮脂によって守られる作用が小さくなったことを意味します。

そのうえで紫外線を浴びれば、その紫外線のせいで頭皮に炎症が起きるというわけです。

頭皮は白いのが当たりまえってご存知ですか?むしろ頭皮が赤いとトラブルが起きているかもしれません。

頭皮が赤いということは血行が悪い状態で、それは頭皮に問題を引き起こすきっかけになりやすいです。

顔色ならば、運動や長時間の入浴をすると毛細血管が拡張して赤くなります。

しかし頭皮は、ちょっと違います。

というのは、頭皮は一番てっぺんにあり血管が細くもともと血流が悪いので白いのです。

ですから運動や入浴をしていない通常時に頭皮に赤みがあるとむしろ、血流が悪いせいで頭皮にトラブルがあるかもというわけです。

頭皮に赤い部分があるときの理由とは、まずはシャンプーです。

シャンプーは、汚れを洗い流す力を当然持っていますが、洗浄力の高いシャンプーはほとんどの場合、硫酸系の成分を利用しています。

○○硫酸は、洗う力は強いのですが、必要以上に頭皮の油分も水分も洗い流してしまって、頭皮には大きな弊害を引き起こします。

そういったシャンプーを継続して利用すると頭皮は外部の刺激に耐える力が弱まり、炎症を引き起こし、頭皮が赤くなります。

一方、頭皮に優しいと言われるアミノ酸系のシャンプーでさえ、問題がないこともないです。

アミノ酸系の成分にも様々なタイプがあって、頭皮との相性に影響します。

口コミなどを参考にシャンプー選びに注意して使いましょうね。

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、次はシャンプーのやり方です。

爪を立てて洗ったりなど、絶対にいけません。

汚れだけでなくシャンプー剤を頭皮に炎症を起こす原因

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする