頭の痒みの原因は脂漏性皮膚炎があります

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。

頭皮に限らず肌には、肌の健康を維持するために必要な常在菌とマラセチア菌のように不必要な常在菌があります。

マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こす原因となるわけです。

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用が働き、皮脂を分泌します。

増えた皮脂をマラセチア菌がまた分解するという痒みの悪循環となります。

健康な頭皮に痒みは起こらないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると認識して良いでしょう。

頭皮が痒いのは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、紫外線などによるダメージなど、いくつか原因があります。

いずれも頭皮のトラブルで髪の毛の成長を妨げるため、酷くなると抜け毛になります。

はげないとは言い切れません。

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、そのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

痒みが数日間に及ぶなら皮膚科などで原因を特定して対策を行う必要があります。

抜毛にならないよう注意しましょう。

ご参考までに痒みのメカニズムのお話しです。

かゆみを感じる神経を刺激するのは、ヒスタミンという物質です。

通常時は非活性ですが、肌が傷がつくなどをきっかけに活性化します。

炎症も活性化のきっかけで、その肌の中ではヒスタミンなどを含む「マスト細胞」というものが集合している「炎症細胞」という細胞があります。

マスト細胞がヒスタミンを放出して、炎症を悪化させる物質は炎症細胞が作り出します。

それらが「かゆみ神経」を刺激することで人はかゆみを感じます。

ということで、炎症が治らないと痒みは続くということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする