頭皮の匂いに気づいたとき、

消臭スプレーでごまかしたが、ニオイが消えたとは思えなかった。

もしかしてこのニオイはある意味病気?頭皮の匂いに効くシャンプーはもちろん使っているが、洗っても何をしても治ったとは思えない。

臭うなと感じたときは、ドラッグストアーでおすすめのポップを見て購入し試したが、イマイチ効果を感じることができなかった。

やはり市販品でなく、ネットの専門ショップで購入するシャンプーの方がいいのだろうか。

皮脂が増える原因は、洗髪、ヘアドライ、ストレス、加齢、食事が考えられます。

洗髪、つまりシャンプーで必要以上に皮脂を洗い流してしまうことで、頭皮を乾燥しないようにと体がいつもよりたくさんの皮脂を分泌してしまいます。

それとシャンプーをしっかり流しきらないとそれは頭皮を刺激する原因になり、この場合も皮脂の分泌を増やします。

ヘアドライは、ドライヤーを使わないと髪はもちろん頭皮の水分もしっかり乾かしきることはできず、体温によって残った水分が蒸れてしまい、それが皮脂の過剰分泌につながります。

もっともドライヤーによる熱風は、頭皮を乾燥させ過ぎてしまうこともあり、それもまた皮脂を分泌させることになります。

精神的なストレスは、体内のホルモンバランスを乱します。

それにより、皮脂分泌に影響が大きい男性ホルモンが過剰に分泌されると多くの皮脂分泌になってしまいます。

加齢によって肌の保湿と分泌される皮脂の量のつり合いが乱れ、結果的には皮脂過剰な状態になってしまいます。

食事では、栄養バランスの不均衡、とりわけ揚げ物や甘いものをたくさん食べると皮脂の分泌が活発になります。

乳製品、果物、お菓子に含まれる糖分は、余分に皮脂を分泌することとなりますので、それらの食べ過ぎは皮脂の過剰な分泌に直結します。

夏、塩ふくほど汗かく場面でもそうでもなくても頭皮のニオイチェックの方法は、頭皮を指で擦ります。

そしてその指の臭いをチェックして臭いと感じたならば、頭皮は臭っていると思われます。

他には、ドライヤーを利用してセルフチェックできます。

乾いた髪にドライヤーで後頭部から前に風を送り、その風がクサいと思ったらば、頭皮は臭いを発していると考えられます。

こういったやり方は、男性・女性、大人でも子供でも2歳の幼児でもでも間違いありません。

枕が時間をかけて何度も皮脂が付くのとは違い、頭皮を直接触れて臭いがするのは、臭いのもとを作る菌が活発なのか、皮脂をシャンプーでしっかり洗い流せていないことが考えられます。

皮脂は、擦った指がテカテカした感じなら分泌され過ぎていることを意味するので、治らないかもと諦めずに余分な皮脂はしっかりシャンプーで取り除くことを考えてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする