精神的ストレスや睡眠時間の不足、

食生活の乱れもカサカサで痒みのある頭皮の乾燥を発症させる原因です。

精神的なストレスがたまったり睡眠時間の不足は、全体的に血行が悪くなります。

それにより新陳代謝が鈍り、古い角質から新しい角質に変わる肌再生のサイクル(ターンオーバー)が、正しく行われにくくなります。

そうすると肌が持つバリア機能や保水する力が弱くなり、乾燥してきます。

この症状は、頭皮でも同じです。

なおアトピーの肌は、肌の循環過程が短い状態です。

肌の循環過程を正しく行うためには、まず正しい睡眠が必要です。

睡眠は、最初の90分間で深い眠りになるので、1回目のノンレム睡眠をしっかり眠ることが大切です。

それと食事の摂り方です。

ビタミンを正しく摂れないことが問題ですが、中でもビタミンAとビタミンB6は新陳代謝を促すことに寄与するので、上手に摂れるように食事のバランスに気を付けてください。

ビタミンAはほうれん草、人参、紫蘇(しそ)から摂りやすいです。

ビタミンB6はレバーやマグロが含有量が多く、バナナなら簡単に摂れますね。

アラントインは、肌トラブル、にきびの赤み改善に役立つ消炎効果、アレルギー抑制作用、細胞の若返りなどに有力な効能があるとして医薬品に利用される成分です。

それが配合された化粧品は、医薬部外品となります。

抗炎症作用や抗刺激作用により化粧品に含めることで、化粧品の中の刺激性を抑えることで、製造者が、化粧品内染料の刺激を耐えたい、新たな敏感肌向けの商品を開発する場合に価値のある成分です。

また、育毛作用も実証されていたり、アレルギーで患った目の粘膜にも効果的のため目薬に利用される成分です。

乾燥・敏感な頭皮の人は、シャンプーの見直しが先決です。

使っちゃいけないのは、良くも悪くも地肌の皮脂をガッツリ落としてしまう石油系の界面活性剤が含まれているシャンプー剤です。

具体的にその成分は、ラウリル硫酸(ナトリウム)ですので、成分表にその記載がある商品は、使わないようにします。

どれがいいかというと肌に優しいアミノ酸が主原料のシャンプーが良いです。

大島椿の椿油シャンプー、第一三共ヘルスケアのミノン、花王のキュレルなどは、市販のシャンプーの中で人気が高いですね。

続けることで頭皮の痒みや痛みなどの不愉快さがなくなって乾燥が改善できれば、目立つフケはなくなることでしょう。

その他、シャンプー選びのポイントをご紹介します。

オイル系シャンプーなら馬油や植物オイルなど主成分には自然由来の原料が使われているものが良いです。

石鹸系は、洗浄力が強い弱アルカリ性ではなく、弱酸性のものを選びます。

薬用系は、乾性フケに効果が期待できるアラントイン入りのものを選びます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする