頭皮が乾燥する原因は理由は様々です

最も大きい理由としては、シャンプーでの過剰な刺激です。

これは、男性や女性、赤ちゃんから年配者まで夏でも冬でも季節に関係なく、対策用の工夫は必要です。

頭皮になくてはならいない分の皮脂を取り除いてしまうことで、頭皮乾燥につながり、それが酷くなると痛いこともやかゆみを発症します。

また、市販されているシャンプーやヘアトニックなどを過剰な頻度で使うとか、頭皮に爪を立てる・乱暴に洗う等も原因になると言えます。

それと暑いシャワーを頭皮にあてても頭皮の皮脂が流れ落ちやすくなり、頭皮改善の足かせになります。

このように髪や毛穴の清潔さを保つためのシャンプーが引き金となって、頭皮を乾燥させてしまうことが大半です。

他に頭皮への悪い刺激といえば、UVや空気の乾燥、寒さなどですので積極的な保湿を意識しましょう。

フケが気になるからといって一日のうち洗髪を2回以上しているならば、それは止めましょう。

シャンプーのし過ぎは、頭皮に必要な水分や油分を取り過ぎてしまいます。

そのことが皮脂の過剰分泌、ひいては臭いの原因になるので、シャンプーの基本は、1日1回です。

そしてシャンプーは、濡らす前のブラッシング、十分に濡らして泡をたて、指の腹でマッサージするように洗います。

また、後頭部から耳の後ろ、そして頭頂部と洗う順番も意識しましょう。

最後は、十分かつ丁寧にすすぎ頭皮のシャンプー剤をきちんと洗い流します。

場合によっては、オイルシャンプーやオイルマッサージなどのケア用品をおすすめしますが、頭皮の状態に合わせて検討してください。

もし、皮膚科の薬を使用するなら人気ランキングの上位にある商品であっても極潤などの化粧水もオイルも控えた方が良いでしょう。

頭か痒いなと思ったらかさぶたができていた。

そして、白いカサカサのフケが落ちるようになった。

病気だろうか?頭皮かさぶたは、自分でできそうな対処法をする。

たとえば、ベビーオイルやクリームなど塗り方を気にしながら試してみようか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする